綺麗な首・顔イボの取り方を比較!おすすめ5選

「首や顔にイボがあるせいで、他人の視線が気になる…」
「首や顔にできるイボを取りたい!」
そう思っていませんか?

 

ここで紹介する首・顔のイボの取り方を理解し、実践することで

  • 麗な首や顔のイボの取り方が分かる!
  • 自宅でイボが出来ないようにする予防方法が分かる!
  • 首や顔のお肌に自信が持てるようになる!
  • ネックレスや胸元の広い洋服などオシャレを楽しむことができる!
  • もう他人の視線を気にしなくて良くなる!

 

首や顔にできるイボは取ることができます。特に、加齢が原因で起こる老人性イボは、比較的簡単に取ることができます。老人性イボの場合、最もおすすめな取り方は、「専用クリーム」を使った方法です。

 

専用クリームなら、自宅でポツポツを取ることができる上に、ポツポツが出来にくいお肌を作ることができます。すでにイボに悩む多くの女性が利用し、「ポロリと取れる」を体験している注目の専用クリームがあります。

 

イボ取りクリームランキング

 

首や顔にできるイボ取りの方法はある?

首や顔にできたイボは取ることができます。イボに様々な種類があります。病院で取る必要があるイボから、自宅でも取ることができるイボまで様々です。

 

自宅でも取れるイボは、老人性イボ(脂漏性角化症)と呼ばれるイボです。老人性イボは、加齢によって皮膚が老化し、古い角質が蓄積してポツポツが発生するイボです。

 

この老人性イボの場合は古い角質が蓄積されてできたイボなので、自宅でも除去することが可能です。ですが、この老人性イボの場合、加齢によって起こるものなので、取り除くだけでなく、予防も行うことが大切です。

 

そして、ポツポツを取ることができ、予防もできるアイテムとして、人気なのが「専用クリーム」です。

 

特に、「艶つや習慣」というクリームは、ポツポツに悩む女性に大人気で、ポツポツケアNo.1となっています。なので、自宅でポツポツを取りたいという女性は、艶つや習慣を使うのがおすすめです。

 

イボ取りクリーム−艶つや習慣の紹介

 

綺麗な首・顔イボの取り方を比較:おすすめ5選

それでは、首や顔にできるイボの取り方を紹介していきます。皮膚科治療での取り方と、自分ケアの取り方の中で、おすすめな5つの取り方を紹介します。
評価基準は、「効果」「即効性」「費用」「リスク」の4つです。

 

イボの取り方の表

 

イボが綺麗に取れるおすすめな取り方は、「クリーム」「レーザー」「液体窒素」「切除」「内服薬」の5つです。
(※各取り方の詳細な内容は、後述します。先に各取り方の評価項目における違いを解説していきます。)

 

イボ取りの『効果』について:効果の特徴を理解しないと再発のリスクが…

イボの取り方によって、効果が違います。皮膚科治療の「レーザー」「液体窒素」「切除」は、今あるイボを取り除くのが目的です。予防効果はありません。

 

なので、上記のような取り方だけでは、「取っては出来て…。取っては出来て…。」と繰り返してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

一方、皮膚科治療の「内服薬」や、自分ケアの「クリーム」は、取れるし、予防もする目的があります。

 

特に、加齢によってできる老人性イボの場合は、取るだけでなく予防も重要です。なので、内服薬やクリームの利用が欠かせません

 

イボ取りクリームランキング

 

イボ取りの『即効性』について:効果が早くでる取り方は?

即効性がある取り方は、皮膚科治療の「レーザー」「液体窒素」「切除」です。小さなイボなら治療日で完了することもあります。大きなイボや広範囲にわたる場合は、数ヶ月の治療期間を要することもあります。

 

一方、皮膚科治療の「内服薬」と、自分ケアの「クリーム」は数ヶ月かかります。これはお肌のオーバーターン(新陳代謝)によって、お肌が生まれ変わるのに日数が必要だからです。

 

イボ取りの『費用』について:取り方によって費用が大きく異なる!

費用が最も高いの「レーザー」で、最も安いのが「内服薬」か「液体窒素」です。レーザー治療は保険が適応されないですが、「内服薬」「液体窒素」は保険が適用されるので安くなります。

 

レーザーの場合、1mmで2000円〜5000円なので、1mm以上になるとさらに費用が高くなります。

 

「切除」も保険が適応されることがあるため、安くなることがあります。

 

「クリーム」はポツポツを取る目的と、これ以上ポツポツがきないようにするために使うものです。そんな便利なクリームですが、実は、場合によっては、一番安い取り方になります。

 

オールインワンジェルタイプのクリームを使えば、これまで使っていた化粧水や保湿液が不要な分、実は一番安くなる取り方になるんです。

 

「艶つや習慣」というクリームなら、1日あたり92円ほどで、ポツポツを取り、これ以上ポツポツがきないように対策できます

 

イボ取りクリーム−艶つや習慣の紹介

 

イボ取りの『リスク』について:効果が早くでる取り方は?

イボの取り方によって、リスクが異なります。最もリスクがない取り方が「クリーム」と「内服薬」です。一方、最もリスクが大きいのが「液体窒素」です。

 

液体窒素は安い取り方ではあるものの、強い痛みを伴ったり、シミや色素沈着が残るリスクがあります。また再発のリスクもあります。

 

他の「レーザー」と「切除」も、強い痛みは感じませんが、人によっては痛みを感じる方もいるでしょう。また傷跡が残るリスクもあります。

 

自分に合うイボの取り方を選ぶには?

首や顔にイボが出来てしまうと他人の視線が気になってしまう…という女性も多いのではないでしょうか?

 

そんな場合、まずは病院で診てもらうのがいいかもしれません。イボには良性のものと、悪性のものがあります。

 

ですが、「病院に行くのは面倒・費用がかかるから、自宅でケアしたい!
あるいは、「私の首や顔にできてるのは老人性イボだから、自宅ケアで十分!」だと考えている女性も多いことでしょう。

 

また老人性イボは、どんな人でも年をとるに従って、ポツポツと増えていくので、今のうちからポツポツが出来ないように予防したいという女性もいるでしょう。
そんな女性には、クリームを使った自宅でのケアがおすすめです

 

これから「クリーム」「レーザー」「液体窒素」「切除」「内服薬」といった5つの取り方について、詳しく解説していきます。自分にあった取り方を選ぶ際の参考にして下さい。

 

イボの取り方@:クリーム

クリームは、自宅でのケアで最もポツポツ対策に良い方法であり、お手軽にできる方法なのでおすすめです。

 

自宅でポツポツを取るなら、クリームは、ポツポツを取ることができ、ポツポツができないお肌作りには欠かないアイテムです。

 

特に、加齢によってできる老人性イボの場合は、クリームで対策することが可能です。クリームなら、副作用もなく、安全に綺麗に取ることができます。

ポツポツに効くクリームランキング

 
艶つや習慣

イボ取りクリーム−艶つや習慣

艶つや習慣の特徴

艶つや習慣は、ポツポツに悩む女性に大人気のポツポツケア人気No.1ジェルクリームです。

首イボの内服薬に使われるハトムギエキスを配合しています。首元・目元・胸元、全身に塗ることができる大容量。
角質ケアとスキンケアが同時にできるオールインワンなので忙しい朝でも簡単にポツポツケアが完了します。
ポロリと取れた女性もいるで、あなたも使ってみる価値ありです♪

価格 4,104円Web限定初回2,052円
評価 評価5
備考 2回目以降も20%OFFの3,283円。通常購入もWeb注文なら10%OFFに!
艶つや習慣の総評

自宅で取りたい女性におすすめの艶つや習慣。「ポロリ」と取れ、さらにポツポツができないお肌を保つことができるので、首や顔のポツポツが気にある女性は使いたいクリームです。すでに23万個売れており、ポツポツに悩む多くの女性を救ってきたクリームなので、あなたもこの機会に始めてみましょう♪

 
 
シルキースワン

イボ取りクリーム−シルキースワン

シルキースワンの特徴

首元美容ジェルのシルキースワン!

ハトムギエキスを配合していて、しっとりが続くのにサラッとベタつかない。バーベナの香りが気分を落ち着かせてくれる。

価格 9,800円初回1,777円
評価 評価4
備考 2回目以降は5,400円。
シルキースワンの総評

2回目以降からは、高めのジェルです。大容量の艶つや習慣に比べると、首専用のシルキースワンは少量になります。首だけケアできればいい、香り付きがお好みの女性におすすめ♪

 
 
アンミオイル

イボ取りオイル−アンミオイル

アンミオイルの特徴

顔と首のポツポツを滑らかにするアンミオイル。

クリームではありませんが、豊富に含まれるパルミトレイン酸が皮膚をやわらかく滑らかな肌にしてくれます。このオイルもポツポツケア商品の中では比較的知られています。

価格 1340円初回980円
評価 評価3
備考 上記価格は1週間のトライアル価格です。通常価格は7560円と高いです。
アンミオイルの総評

アンミオイルはジェルクリームではありませんが、ポツポツケア商品として知られています。アンミオイルは通常価格は高く、艶つや習慣などに比べると、それほど有名ではありません。

 
 

老人性イボなら、艶つや習慣がおすすめ!

 

イボ取りクリーム−艶つや習慣の画像

 

首や顔にポツポツとあるのは、老人性イボかも!
首や顔のポツポツには艶つや習慣がおすすめです。

 

老人性イボは、「皮膚の老化」が原因です。皮膚の老化によって、古くなった角質が蓄積し、隆起してポツポツができます。なので、老人性イボの場合は、誰でも歳をとるに従って、イボの数がポツポツと増えていきます

 

さらに、皮膚が紫外線のダメージを受けることで、皮膚の老化が加速し、ポツポツが出来やすいお肌になってしまいます。今、顔や首のポツポツが気になっている女性は、これまで紫外線対策をしっかりと行えていなかった可能性があります。

 

さらに、皮膚が乾燥することで、肌のバリア機能が衰え、紫外線の悪影響を受けやすくなり、ポツポツが出来やすいお肌になってしまいます。

 

なので、ポツポツを気になり始めている今から、顔や首のポツポツを取って、これ以上できないお肌にするために、「紫外線対策」と「保湿」によって予防することが大切になってきます。

 

艶つや習慣なら、保湿ができるだけでなく、ポツポツに効くハトムギエキスが配合されています。さらにオールインワンジェルなので、美容にもなります。なので、毎日の忙しい朝でも、簡単にポツポツケアと美容が完了してしまうのです。

 

すでに23万個も売れていて、ポツポツに悩む女性に大人気のクリームなので、あなたも使ってみてはいかがでしょうか?

 

イボ取りクリーム−艶つや習慣の紹介

 

イボの取り方A:レーザー

皮膚科治療でのレーザーは、主に炭酸ガスレーザーが使われます。レーザー治療では、ホクロやイボにレーザーを照射してピンポイントで除去します。

 

痛みも感じにくく、跡も残りにくいのが特徴です。またレーザー治療を行った場合、その部位は再発がしにくいのが特徴です。

 

ですが、老人性イボの加齢によって発生するイボの場合、他の部位ができることもあり、レーザー治療だけでなく予防も大切になってきます。

 

イボの取り方B:液体窒素

液体窒素は、昔から行われているイボの治療方法です。マイナス196℃の液体窒素を、いぼに接触させ、患部を凍結させます。ですが、この治療法の場合、根っこの部分まで到達させるために、数回の治療を繰り返して行う必要があります。

 

そのため数ヶ月間も時間がかかる治療法です。また治療時には、強い痛みを伴います。

 

保険が適応されるので安い治療法ではありますが、老人性イボなどの小さいイボではなく、大きなイボを取り除く際に行いたい治療法です。

 

イボの取り方C:切除

イボがある程度大きくなってしまうと、外科的手術が必要になってきます。または電気焼灼治療といって、電気メスを使って、イボを取り除きます。

 

外科的手術や電気メスの場合、傷跡を残さないようにドクターが切除してくれ、2週間ほどで傷跡はなくなります。保険も適応されることが多く、安い治療費で行えます。

 

ですが、この治療法は、あくまでも今あるイボを取り除くための治療にしかすぎません。老人性イボなどの加齢に伴ってポツポツと発生するイボは、クリームなどを使って自宅でケアを行う必要があります

 

イボの取り方D:内服薬

イボを治療する薬として、「ヨクイニン」という内服薬が一般的に用いられます。ヨクイニンは、ハトムギから作られた内服薬です。

 

ハトムギは、タンパク質やビタミン、カルシウム、カリウム、鉄などの高い栄養成分が含んでおり、免疫力向上やイボに効果があると言われています。

 

ヨクイニンは、天然成分で作られているため、副作用がなく安全に治療が行えます。また保険も適応されるので、安い治療費で行えます。

 

ただし、ヨクイニンでの治療は、内服薬なので効果が出るまでに数ヶ月時間がかかります。そのため、皮膚科治療では、ヨクイニンに併せて、液体窒素を使っての治療も行うようです。

 

ですが、予防になるので、新しいイボができないようにする効果は嬉しいものです。

イボの取り方:まとめ

イボの取り方には、いくつか治療法があり、各治療法にはメリット・デメリットがあります。ですが、大切なことは、今あるイボを取るだけでなく、これ以上イボができないお肌を作ることが大切です。

 

病院だけの治療では、「出来ては取って…。出来ては取って…。」の繰り返しになってしまうことも考えられます。その都度、通院し、治療費を使うのは大変な労力と費用がかかります。

 

なので、今あるイボをすぐに取りたい場合は、病院で取ってもらう。その上で、イボが出来ないようなお肌作りのために、自宅でケアをすることが大切です。

 

特に、老人性イボの場合は年齢とともにポツポツと増えていきますので、今のうちにケアを始めておくことが欠かせません。そんな加齢が原因でできるポツポツには、専用クリームを使ってケアするのが一番です。

 

イボ取りクリーム案内