老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)の原因と症状を解説!

老人性疣贅

「あれ?こんな所にイボがあったっけ?おかしいなあ」と思った事はありませんでしょうか。

 

近年、イボのようなホクロのようなざらざらとしたシミが顔の表面や首筋に出来てしまう症状を抱えるケースが増えてきています。

 

この皮膚疾患の症状は老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)という皮膚疾患であり、皮膚に出来る腫瘍疾患の一つでもあります。今回は、老人性疣贅が出来る原因と症状、そして老人性疣贅の治療法について詳しく解説をさせていただきます。

 

老人性疣贅とは

老人性疣贅は皮膚に出来る皮膚疾患の一つであり、老人性のイボの事を指します。老人性疣贅は別名を脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)(しろうせいかくかしょう)と呼び、「年寄りイボ」という一般的な通称でも呼ばれています。

 

老人性疣贅は皮膚に出来る良性の腫瘍であり、皮膚がんなどの悪性腫瘍とは異なりますが、皮膚の老化が原因で発症する皮膚の症状の為、年齢を重ねるごとに症状が出やすくなるのが特徴です。

 

お年寄りに出来やすい皮膚症状の老人性疣贅ですが、近年では若い人にも老人性疣贅が皮膚症状として発症するケースが増えてきています。

 

老人性疣贅の症状とは

老人性疣贅の主な症状としては、顔や首筋などの箇所に出来やすく、黒いシミのようなイボが出来て肌の表面がざらざらしてくるという特徴があります。

 

顔や首筋に出来る事が多い老人性疣贅ですが、頭や手足など全身に老人性疣贅の黒いシミが出るケースも多く、老化現象の表れとされています。

 

老人性疣贅のイボのような黒いシミは最初は1ミリから2ミリ程度の大きさですが、年月を経る事で徐々に黒いシミが大きくなり、1センチ以上の大きさになってしまう事も珍しくありません。

 

老人性疣贅は症状が表れても痛みを伴う事はほとんどありませんが、老人性疣贅が原因で皮膚に痒みを感じる事はあります。また、老人性疣贅は放置してしまうと数が増えてしまい幾つもの老人性疣贅が顔や首筋に出来てしまうケースも見受けられます。

 

老人性疣贅の治療法について

老化現象が原因の皮膚疾患である老人性疣贅を治療する為の方法としては、数ミリ程度までの小さな大きさの老人性疣贅であれば電気熱灼で肌を焼いて治す治療法が一般的です。

 

また、冷凍療法で凍結凝固させて老人性疣贅を治す方法や、レーザー照射で治療する方法もあります。老人性疣贅は大きくなってしまった場合には切除手術を行って治療する事となります。

 

老人性疣贅を自宅で治すには

老化現象が原因の老人性疣贅と自宅で自分で治す方法としては、老人性疣贅をケアしてくれる化粧水やオイル、クリームなどの市販の製品を肌に塗って治してゆく方法もあります。

 

老人性疣贅に有効な成分として有名なヨクイニンを含んだハトムギ由来の成分がこれらの化粧水やオイル、クリームなどに含まれており、老人性疣贅のイボがある箇所に塗ってケアを行う事で黒いシミがほとんど気にならない状態にまで薄くなるケースも多く、ヨクイニン成分を含んだケア商品を利用した自宅での老人性疣贅治療に注目が集まっています。