イボと取りたいときのクリニックの選び方とは?

イボ取りのクリニック選び

イボは部位にもよりますが、見た目的に良いイメージはありません。特に首のイボは目立つ場所にあると「何かの感染症にでもかかっているのでは」と思われてしまうこともあります。

 

イボを取りたいと思った場合、失敗しないクリニックの選び方は以下の通りです。

 

料金表示がされていること

イボを取りたいと思ったら、皮膚科や美容皮膚科に行くことになります。イボ取りの料金はクリニックにより違いますので、最初に確認をしておくことが大切です。

 

美容をメインとするクリニックの場合、女性向けにホームページを作成しているところが殆どです。ホームページ上にイボ取りの費用が明記されているかチェックしてみましょう。

 

料金表示に関しては「イボ取り○○円〜」となっている場合、部位や大きさ、個数で金額が変わってくることがあります。まずは電話やメールで質問をして、それに対して丁寧に説明をしてくれるクリニックを選びましょう。

 

患者に寄り添ってくれる

イボは確かに病気ではありませんが、見た目を気にする女性としては精神的にストレスを感じるものです。

 

イボを取りたいと伝えた時に、医師や看護師の態度が明らかに「たいしたことではない」という様子の場合は避けた方が良いでしょう。治療に関しては小さなことでもこちら側の不安を聞き、親身になって相談に乗ってくれるクリニックを選びます。

 

やたらと手術を勧めない

以前まではイボやほくろの除去はメスで削り取るという方法をしているクリニックも多くありました。しかし施術を行った後、傷跡が全く残らない様にする為にするにはかなりの高い技術が必要です。

 

最近ではイボやほくろの除去にはレーザー治療を採用するクリニックが増えています。レーザー治療は早く、しかも出血もダウンタイムも少なくて済み、傷跡が残りにくいというメリットがあるのです。

 

レーザー治療を受ける場合には、一度の通院で終わらず何回か通院することになります。イボを取りたい人が受けるレーザー治療には、大きく分けて以下の2つの方法があります。

 

炭酸ガスレーザー

CO2ガス(炭酸ガス)レーザーによる治療ですが、小さなイボの場合に効果があります。大きなイボの場合はメスによる除去も必要になる場合があります。

 

QスイッチYAGレーザー

大きくて色の濃いイボの場合、炭酸ガスで治療をした後色素を抜く為に使用します。より高い技術が必要ですが、仕上がりがキレイになります。

 

 

どちらの方法もある程度痛みを感じて、施術後にアフターケアが必要となります。医師はただ「レーザー治療をします」だけではなく、皮膚にどの様な変化があるのかまでしっかりと説明してくれることが大切です。

 

自分に合った治療法を探して貰うこと

イボの除去は基本的に保険適用外となる為に、料金が高くなります。特にレーザー治療は一度で終わらず、傷跡の様子を見ながら何度か照射することになります。

 

イボを取りたいと思ったら、初診の際にイボの様子をきちんと診断してくれて、何回位施術が必要か、幾ら位かかるのかをきちんと教えてくれるクリニックを選ぶことが大切です。