イボ取りを希望する人必見!知っておきたい「病院の選び方」とは?

イボ取り病院

イボ取りたい時は、皮膚科の病院へ行きましょう。しかし、一口に皮膚科と言っても、町の小さなクリニックや、総合病院、美容専門など、皮膚科にも色々と種類があります。

 

そこで今回は、イボ取りの病院を選ぶポイントについてご紹介します。

 

イボ取りにお勧めの病院とは

イボにも種類がいくつかあります。

 

老化が原因で出来る、老人性のイボもあれば、ウイルスが原因で出来るウイルス性のイボもあります。自分のイボがどんなイボで、どのような取り方が良いかは、皮膚科医としての経験が、たくさんあるお医者様に、診断してもらえた方が安心です。

 

お医者様の経験は、年齢や経歴から察する事も、出来なくはないですが、皮膚科医には「皮膚科専門医」という制度があります。

 

皮膚科専門医とは、簡単に言うと、5年以上の診療実績、手術実績、研究実績、論文発表、学会発表などの決められた条件を、クリアした皮膚科医の事です。

 

また、皮膚科専門医は5年毎に更新をする必要があるので、皮膚の治療について、常に新しい知識を持っています。なので、病院を選ぶ時には、その病院に皮膚科専門医がいるかどうかを、選ぶポイントの1つにするのも良いと思います。

 

金額よりも美しさを重視するなら、美容皮膚科がお勧め

皮膚科は、主に皮膚を健康にするための治療をしてくれる病院です。美容皮膚科は、主に皮膚を今よりも、きれいにするための施術をしてくれる病院です。

 

美容皮膚科は自費診療が多いため、金額は高くなりますが、イボ取りの方法や使用するレーザーの種類などの選択肢が多く、本当に自分のイボにあった方法で、よりきれいにイボを取る事が出来ます。

 

金額は高くなっても構わないから、とにかくきれいにイボを取りたい方は、はじめから美容皮膚科に行くのも1つの手です。

 

今後も通い続ける事を前提に、病院を選ぶのが良い

イボ取りの治療は、1回で終わるとは限りません。

 

液体窒素の場合、少なくても2、3回は1〜2週間毎に、病院に通う必要がありますし、イボが取れるまでに、3ヶ月以上かかる事もあります。また、イボ取り後に、血豆状になった場合は、病院で処置してもらう必要があります。

 

レーザー治療の場合も、初診の時にレーザーの予約を行ったとしても、レーザー施行日、術後の1、2週間後に状態観察も入れ、最低でも3回は、病院に通う必要があります。

 

なので、イボ取り治療のため、定期的に病院へ通う事も考慮して、病院を選びましょう。

 

イボ取りの病院を選ぶ時には、自宅や職場から近いなどの通いやすさ、予約が可能か、待ち時間の長さなども大切です。自分が通いやすい診察時間帯や、診察している曜日など、病院への通いやすさも、病院を選ぶ上で、重要なポイントの1つになります。

 

何よりも大切なのは、信頼出来るお医者様と出会う事

イボ取り治療をお願いするお医者様が、信頼出来るかどうかは、正直、実際に診察を受けてみないと分かりません。どんなに評判の良いお医者様でも、イボ取り治療の名医と言われていても、自分とは合わない場合もあります。

 

なので、まずは1度、受診してみて下さい。そして、病院の雰囲気やスタッフの対応、お医者様の対応を見て下さい。もし、少しでも、自分とは合わないなと、感じたら「今回は様子を見たいです」とお医者様に伝えましょう。

 

診察のみで、イボ取りの治療は行わずに済みます。診察を受けてみて、このお医者様なら、信頼出来そうと感じたら、その病院でイボ取りの治療をお願いしましょう。

 

ちなみに信頼できる皮膚科とは、お医者様、あるいは看護師などのスタッフさんが

 

  • イボについての説明をしてくれる
  • イボ取り治療の前に、どんな治療なのかの説明をしてくれる
  • 治療方法が複数ある場合は、患者様の希望も考慮してくれる
  • イボ取りの治療後のケアについて、説明をしてくれる
  • 患者様の質問に、丁寧に答えてくれる

 

などです。