【顔イボの除去法まとめ】顔イボを除去する選択肢が分かる!

顔イボの除去

に出来たイボ除去する方法は、複数あります。今回は、顔のイボの除去法をまとめました。

 

複数ある、顔のイボを除去する選択肢の中から、自分にぴったりのものを選びましょう。

 

顔のイボの除去法1:顔イボ除去に効果のある漢方薬

ヨクイニンと言う漢方薬があります。ヨクイニンは、ハトムギの皮を剥いた種から作られた生薬です。漢方薬なので、病院で処方してもらう事も、漢方医に処方してもらう事も、ドラックストアやインターネットなどで購入する事も出来ます。

 

ヨクイニンには、イボを抑制する作用があります。

 

また、肌の新陳代謝を高める作用もあるので、乾燥、ニキビ、シミ、ソバカス、シワなど肌のトラブル全般に有効な働きをしてくれます。

 

ヨクイニンは、飲み薬なので、顔にあるイボに直接効く事は少なく、体全体に作用します。また、即効性はなく、効果は緩やかです。

 

即効性はありませんが、内服を続ける事で、顔の肌全体がきれいになり、新しいイボが出来にくくする予防効果や、イボを今以上に大きくしない抑制効果が期待できます。

 

ヨクイニンには、様々な種類があり、粒タイプもあれば、粉タイプもあります。

 

各製薬会社によって、金額や含有量も違いますし、ヨクイニンオンリーのものもあれば、ヨクイニンにビタミンが配合されたものもあります。ヨクイニンは、顔のイボを今以上に増やしたくない方や、顔のイボだけでなく、肌トラブル全体を解決、予防したいと言う方にお勧めです。

 

顔のイボの除去法2:顔イボ除去に効果のあるスキンケア製品

インターネットなどで市販されているスキンケア製品の中には、顔のイボに有効なものがあります。そこで、顔のイボ除去効果が期待できる、有名なスキンケア製品をいくつかご紹介します。

 

オールインワンジェルで顔全体に使用できる「艶つや習慣」や、イボにピンポイントに塗るクリーム「ぽっつるん」、首元を中心に顔にも使用できるクリーム「シルキースワン」は特に有名です。

 

ピーリング効果のある「杏ジェル」やオイルタイプの「アンミオイル」もあります。

 

どのスキンケア製品も、イボ除去に有効とされているハトムギ(ヨクイニン)のエキスが、配合されています。また、医薬品ではなく化粧品なので、薬のような即効性は、期待出来ませんが、病院に行く必要がなく、自宅でケアする事が出来ます。

 

顔イボ除去に効果のあるスキンケア製品は、病院に行きたくない方や、毎日のスキンケアでイボ対策をしたい方にお勧めです。

 

顔イボ除去法3:炭酸ガスレーザー

主に美容皮膚科や皮膚科で行っている除去法です。炭酸ガスレーザーは、局所麻酔後に、照射して細胞組織を蒸散させる事で、顔のイボを除去します。

 

特別な場合を除いて、保険適応外のため、治療が高額になってしまいますし、治療後の自己ケアが必要ですが、1度の治療で終わりますし、再発もほぼなく、治療跡もきれいです。

 

炭酸ガスレーザーは、金額は高くても、早く、確実に顔のイボを除去したい方にお勧めの除去法です。

 

顔イボ除去法4:液体窒素

主に皮膚科で行っている除去法です。

 

液体窒素を含ませた綿棒を、顔にあるイボにあてて、凍結させ、かさぶたを作ります。1、2週間後にかさぶたが剥がれる時に、イボも一緒に除去する事が出来ます。

 

液体窒素は健康保険が適応され、麻酔の必要もなく、手軽に治療を受けられますが、治療が数回必要な場合が多く、痛みもあります。また、イボが再発してしまう可能性や、治療後に、炎症性色素沈着が出てしまう可能性があるなどのリスクもあります。

 

液体窒素は、安く、早く、顔のイボを除去したい方にお勧めの治療法です。その他にも、外科的切除(オペ)で除去する治療方法や、電気メスや医療用ハサミで切除する治療方法もあります。

 

ちなみに、ヨクイニンの内服と顔イボ除去に効果のあるスキンケア製品の外用は、炭酸ガスレーザーの治療、もしくは液体窒素の治療と併用が可能です。

 

無理のない範囲で、いくつかの除去法を組み合わせて実行するのもお勧めです。