目の周りに出来た顔イボは何なのか?イボの種類と対処法

目の周り

や目の周りに、ポツポツと小さなイボが出来る事があります。

 

今回は顔や目の周りに出来やすいイボである、汗管腫(かんかんしゅ)と稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)について、詳しく解説します。

 

顔や目の周りに出来たイボの正体:汗管腫とは

汗管腫は、思春期以降の女性に出来やすいイボで、色は白や濃い肌色、もしくは黄色です。出来やすい部位は、顔で、特に目の周りや瞼の上などが多いです。

 

汗管腫は良性ですが、自然に治る事はなく、はじめは1つ1ミリ程の小さなイボだったものが、だんだんと数が増え、大きさも最大で3〜5ミリまで大きくなります。

 

また、汗管腫は、医学的にはイボではなく、汗を出す管であるエクリン腺が増殖して出来た、柔らかい良性のシコリです。

 

出来る原因については、まだ正確には分かっていません。

 

現在、原因として考えられているのは、汗管の増殖、遺伝や体質、思春期以降に出来るので、女性ホルモンの変化、顔や目の周りを擦る事による摩擦や刺激、老化などです。

 

良性のため、そのまま放置しても、健康上の問題はありませんが、年齢とともに数が増え、周囲の汗管腫同士が癒合して、大きくなる場合もあります。

 

顔や目の周りに出来たイボの正体2:稗粒腫とは

稗粒種は、子どもや若い女性に多いイボで、見た目は白ニキビに似ています。出来やすい部位は顔で、特に目の周りに多く出来、大きさは1、2ミリの小さなイボです。

 

好発部は目の周りですが、頬、額、鼻の周辺など顔全体に出来る場合もあります。

 

白い色で、脂肪が溜まったように見えますが、稗粒種の中身は脂肪でなく、毛包や皮脂腺に、袋状に溜まった角質です。

 

正確に分類すると、稗粒腫はイボではなく、 良性腫瘍である粉瘤(ふんりゅう)別名、アテローマの仲間だと考えられています。

 

出来る原因として考えられているのは、主に2つあります。

 

1つ目は、遺伝や体質的なものが原因と思われる、原発性(げんぱつせい)稗粒腫で、なんの前触れもなく、突然、顔や目の周りなどに出来ます。

 

2つ目は、ニキビやヤケドなど、皮膚を傷めた事が原因の続発性(ぞくはつせい)稗粒腫で、ニキビやヤケド、傷が治った後に出来ます。

 

稗粒種は、良性のため、そのまま放置しても、健康上の問題はありませんし、角質がある程度溜まり、皮膚が破れる事で、中の角質が排出され、自然に治る事もあります。

 

しかし、自然に治っても、新たな稗粒種が出来る事もあり、数が増える事もあります。

 

顔や目の周りに出来たイボ「汗管腫」「稗粒種」への対処法

 

汗管腫

皮膚科での治療が可能です。

 

治療方法としましては、保険が効かない場合が多いですが、炭酸ガスレーザーで治療する方法や、高周波(AGNES)で治療する方法があります。

 

また、2012年の臨床研究で、ニキビの治療薬であるアダパレン(ディフェリンゲル)や、レチノイン酸という塗り薬が、再発予防に有効である事が分かりました。

 

稗粒腫

皮膚科や形成外科などで治療が可能です。

 

治療方法としましては、医療用の針で刺したり、医療用のピンセットでつまんで、固まった角質を出す方法が一般的です。

 

数が多い場合や、サイズが大きい場合は、液体窒素で凍結する方法や、自費になりますが、炭酸ガスレーザーで治療する方法が用いられる場合もあります。

 

共通の対処法

また、どちらのイボにも共通している対処法を3つご紹介します。

 

1つ目はヨクイニン内服です。

 

ヨクイニンは、肌荒れ、乾燥肌、美肌、イボ取り、むくみ解消、抗腫瘍作用などに効果があり、内服を続ける事で、イボの再発防止効果が期待出来ます。

 

2つ目は、顔や目の周りを擦るのをやめる事です。

 

顔や目の周りに刺激を与える事も、イボが出来る原因の1つとして考えられています。

 

そのため、顔や目の周りを擦る癖のある方は、なるべく意識をして、顔や目の周りを擦るのをやめるだけで、予防する効果が期待出来ます。

 

3つ目は食事です。

 

脂質や糖質の多い食事を摂取していると、イボも再発しやすいとも言われています。

 

日頃から野菜を中心とした食生活を心がけましょう。