イボ取りにおすすめな美容液は?

イボ取りの美容液

皆さんはイボに悩んでいませんか?今日は全く直ってくれないイボを少しでも完治した気持ちにさせたいと思います。

 

イボのできる原因を暴露

イボが治療するには、その原因を探る必要があります。イボの原因は大きく別けて2つあります。1つはヒトパピローマウイルスです。このウイルスは非常に個体数が多く、我がジャパンにも、十種類以上はいるでしょう。

 

しかもどこに潜んでいるのかわかりません。銭湯でしょうか?プールでしょうか?よっていつのまにか気が付かず、こやつに感染しています。

 

もうひとつは、老化と紫外線&生活習慣の乱れによる老人性のいぼです。紫外線の蓄積でシミができるように、なんと厄介イボもできます。海に行っても、飛行機に乗って日差し強い海外アロハに行ってもスキンケアしていない人はなり易いです。

 

今はイボ予防美容液がある時代だよ

老人性のイボに関してですが、専用の美容液がいくつかネットで買うことができます。美容液の成分は1部はヨクイニンとか。麦茶に入っている成分で肌の代謝を高める効果があります。

 

昔から良いと言われているのですよこれが。

 

美容液でお薦めなのはランクインして人気のあるものです。口コミの評判がいいものを選びます。

 

しかし、ウイルス性のイボには美容液はお薦めしません。ウイルスイボは触ったりいじったりで増えていきます。中には転移するものもいます。ガンみたいで恐ろしいですね。

 

なんでそんなこと知ってるの?実は私はイボを水虫と間違えていっぱい増やした経験があります。

 

それでもイボできちゃった、でも安心?

もし、イボができたら、どうすればよいのか?それはまず病気へ取りに行くことです。そして、診断を受けてください。でも、病院へ行って直らなかったら、困ってしまいます。日本にはイボが治らず悩んでいる人も多いと思います。

 

万人受けではないですが、治す方法は液体窒素で焼いてしまうことです。でも液体窒素治療は医療行為です。もちろん液体窒素は日本の薬局では売っていません。

 

もし、チャレンジしたい人は海外の商品を試すしかありません。それでも駄目なら海外のアイス屋で仕入れてなんてのは自己責任です。

 

最後の手段

液体窒素を取り扱う資格を取り業務についてしまう。医者になる?そして、こっそりとイボを人知れずに取る。これでイボ増殖野郎には負けません。しかし、液体窒素はそんなに高くないが、容器は10万ぐらいします。

 

しかも保管が大変です。もし取り扱いに失敗して、液体窒素が部屋に充満すれば、文字どうりの窒息します。とてもリスキーですね。これはイボ取りに命をかけている人でないとできません。

 

美容整形に行く

ほんとに現実的な最後の話は美容整形ではないでしょうか?こちらなら、レーザー他でしっかり取ってもらい、尚且つ後が残りにくくしてもらえると思います。もちろん男性も利用可能なので気軽に面談に行ってみると良いと思います。

 

お金はもちろん必要になりますが、キレイなお姉さんに会えるかもしれません。ちなみに著者もできてしまったイボは最終はこちらで取りに行こうかなと思っています。

 

まとめ

老人性イボなら、美容液が販売されています。また美容液ではなくて、クリームで人気の商品があります。そういったものを活用すると、ポツポツに悩むことはなくなるでしょう。