顔イボにおすすめの飲み薬ベスト5

顔イボの飲み薬

や首などに出来たイボに効く飲み薬と言えば、ヨクイニンが有名です。

 

今回はヨクイニンを中心に、顔のイボに効果のある、おすすめの飲み薬を5種類、ご紹介します。

 

ヨクイニンが顔のイボに良い理由

そもそも、ヨクイニンとは、お茶としても飲まれるハトムギの皮を剥いた種から作られた漢方薬の事です。

 

ヨクイニンは、肌荒れ、乾燥、イボ取り、むくみなどに効果的で、肌の新陳代謝を高め、皮膚細胞を新しく作り替えるターンオーバーを、適切な周期で行う手助けをしてくれます。

 

つまり、ヨクイニンを内服する事で、肌が健康になり、結果、顔のイボを出来にくくする効果や、今ある顔のイボを、大きくしない効果が期待出来るのです。

 

顔イボにおすすめの飲み薬1:ヨクイニンエキス錠Sコタロー

小太郎漢方製薬が製造している錠剤タイプの飲み薬です。

 

成人(15歳以上)の1日の摂取量は、ヨクイニンエキスが2グラムで、錠剤にして15錠を1日3回。食前又は食間に、水またはお湯と一緒に5錠ずつ内服するのが望ましいです。

 

気になる金額は、メーカー希望価格が240錠(16日分)で2376円。720錠(48日分)6372円になります。

 

ですが、インターネット通販で有名なアマゾンや楽天などの場合、定価の約25〜35パーセント引きで購入する事が出来ます。

 

顔イボにおすすめの飲み薬2:日局ヨクイニン末

山本漢方製薬株式会社が製造している散剤タイプの飲み薬です。

 

成人(15歳以上)の1日の摂取量は、ヨクイニン6グラムで、2グラム(添付されているスプーン1杯)を1日3回。食前又は食間に、水またはお湯と一緒に内服するのが望ましいです。

 

散剤なので飲みにくさはありますが、金額は安く、メーカー希望価格が200グラム(33日分)で907円。400グラム(66日分)で1620円になります。

 

こちらもインターネット通販で有名なアマゾンや楽天などの場合、定価の約30〜45パーセント引きで購入する事が出来ます。

 

顔イボにおすすめの飲み薬3:クラシエヨクイニンタブレット

クラシエ薬品株式会社が製造しているタブレットタイプの飲み薬です。

 

成人(15歳以上)の1日の摂取量は、ヨクイニンエキスが1.5グラムで、錠剤にして18錠を1日3回。食前又は食間に、水またはお湯と一緒に6錠ずつ内服するのが望ましいです。

 

ちなみにメーカー希望価格は126錠(7日分)で1296円。504錠(28日分)で3996円になります。

 

こちらもインターネット通販で有名なアマゾンや楽天などの場合、定価の約10〜40パーセント引きで購入する事が出来ます。

 

顔イボにおすすめの飲み薬4:マルチビタミン&ミネラル

40代以降に出来る顔のイボは、肌の老化が原因の老人性イボの可能性が高いです。
各種のビタミンは、顔などの肌の老化を予防したい場合に有効です。

 

代表的なものは、ビタミンAは色素沈着の抑制、ビタミンB2は肌の新陳代謝を高める、ビタミンCはコラーゲンの生育、ビタミンDは肌のバリア機能の強化などです。

 

ネイチャーメイドのマルチビタミン&ミネラルは、正確には飲み薬ではなく、サプリメントですが、12種類のビタミンと7種類のミネラルが含有されています。

 

毎日の健康づくりや美肌づくりにおすすめですし、ヨクイニンとの併用も可能です。

 

マルチビタミン&ミネラルの成人の1日の摂取量は、1日2粒で、食後30分以内に、水と一緒に飲むのが望ましいです。

 

ちなみにメーカー希望価格は100粒(50日分)で1814円。200粒(100日分)で3078円になります。

 

こちらも上記のヨクイニンと同じように、インターネット通販で有名なアマゾンや楽天などの場合、定価の約20〜35パーセント引きで購入する事が出来ます。

 

顔イボにおすすめの飲み薬5:クラシエヨクイノーゲンBC錠

クラシエ薬品株式会社が製造している、水なしで服用できるチュアブル錠タイプの飲み薬です。

 

顔に出来たイボに良いヨクイニンと、ビタミンB2、B6、Cが配合されています。

 

成人(15歳以上)の1日の摂取量は、ヨクイニンエキスが0.5グラムで、ビタミンB2が0.2グラム、B6が0.1グラム、Cが0.3グラム、錠剤にして6錠を1日3回。

 

食後、口の中で溶かすか、噛みくだいて、2錠ずつ内服するのが望ましいです。

 

ちなみにメーカー希望価格は44錠(7日分)で1058円。210錠(35日分)で3218円になります。

 

こちらの飲み薬も、インターネット通販で有名なアマゾンや楽天などの場合、定価の約30〜45パーセント引きで購入する事が出来ます。