イボ取りのために行う皮膚科でのレーザー治療の詳しい解説!

皮膚科でのレーザー治療

イボ取りに効果的な治療方法と言えば、皮膚科でのレーザー治療になります。イボの場合、液体窒素を使った治療方法などがありますが、この場合は、痛みも強く、その上、数回、液体窒素での治療を行わなければ、イボ取りを完了させる事はできません。

 

そのような事から考え、手っ取り早く、イボ取りを行いたいと思う場合は、皮膚科でのレーザー治療がお勧めの方法になってきます。

 

治療費について

基本的に皮膚科で行うイボ取りでレーザー治療を行う場合は、自費扱いになるかと思います。保険適応外になる場合が多い事から考え、レーザー治療を希望する場合は、初めに治療費においての概算を十分、確認しておく事をお勧めします。

 

痛みについて

レーザー治療の場合、気になるのが、その痛みです。もちろん、何も行わないまま、レーザー治療を行えば、かなりの痛みを感じる事が考えられます。しかし、レーザー治療を行う場合、麻酔を使用する事になります。

 

麻酔用のテープを患部にあらかじめ貼っておき、軽く麻酔をかけていくほか、場合によっては、麻酔注射で麻酔を行う為、痛みを感じる事なく、無痛で治療を行う事が可能になっています。その為、痛みが心配な場合は、皮膚科で麻酔について、確認しておくと良いかと思います。

 

レーザー治療後

イボ取りをレーザー治療で行った場合、その後は、数日間、テーピングが必要になってきます。数日間と言っても、長くて一週間程度の為、我慢できる程度かと思います。小さなイボの場合は、1日のみのテーピングでも大丈夫な場合が多くなっています。

 

その後、テーピングを取った後は、指定の塗り薬を塗り、傷口へのケアを行います。基本的には、イボの大きさなどで個人差はあるものの、一週間程度で、傷は目立たない状態になり、その後は、肌のケアを考え、医療用美白剤などを処方される事が多くなっています。

 

その為、治療の後が目立たなくなってからも、数日間は、その医療用美白剤でのケアが必要になってきます。

 

皮膚科で行うレーザー治療でのイボ取りのメリット、デメリット

イボ取りをレーザー治療を行う場合のメリットは、その完治率にあります。一般的な治療方法である液体窒素の場合、1回で完治するような事は難しく、何度も液体窒素での治療を行わなければいけません。

 

液体窒素の治療の場合、痛みも強い事から、非常に苦痛な治療になってきます。一方、レーザー治療の場合は、1回でイボを取り除く事ができ、負担を軽減させる事が可能です。また、液体窒素に比べ、麻酔を使用する為、痛みも感じず、治療を行う事ができるようになっています。

 

一方、液体窒素の治療方法の場合、基本的には、保険適応内であるものの、レーザー治療の場合は、保険適応外になっている場合が多くなっています。

 

その為、治療費の負担においては、液体窒素の治療に比べ、非常に負担が多くなってしまう事も事実です。その為、治療を開始する前には、必ず治療費の確認を行う必要があります。