尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)ができる原因と症状とは?|専門用語を使ってかなり詳しく書いて下さい。

尋常性疣贅

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)とは、簡単に言えば、良性のイボの事を言います。しかし、良性のイボだからとそのまま放置しておく事で、どんどん増えて行ってしまう恐ろしいイボになっている為、皮膚科での適切な処置が必要になってきます。

 

尋常性疣贅の原因について

尋常性疣贅は主に手の指や足の裏。その他、膝や中には、顔にもできてしまいます。

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)が皮膚に感染し起こる為、基本、ささくれなどその時は、さほど気にもしていなかったような小さな傷口からウイルスが侵入し、感染してしまう事が多くなっています。

 

そんな、尋常性疣贅の原因である、ヒトパピローマウイルス(HPV)には、100種類以上もの種類があると言われているのです。

 

そのような事から、尋常性疣贅は、分かりやすいようにウイルス性のイボとも呼ばれています。基本的には、どの年代にも起こるものになっていますが、子供に最も多いという点も特徴の一つになっています。

 

原因がヒトパピローマウイルス(HPV)だと分かっていながらも、日常生活において、この原因から逃れる事は難しく、ちょっとした事から、誰でも感染してしまう、そんな、尋常性疣贅になっています。

 

尋常性疣贅の症状について

尋常性疣贅ができる原因などあまり知らない人にとっては、初めは、タコ?イボ?と思う程度の小さなもので少し硬いぐらいのものになっています。しかし、症状が進むにつれ、その感染した個所は、どんどん硬くなり、皮膚が盛り上がってくるのが、一般的な症状になっています。

 

とは言っても、手や膝の場合は、全く痛みなどがない事も共通して言える事ですが、足の裏に関しては、毎日、歩く際に圧迫する事から、痛みを感じる場合も多くなっています。

 

その他、表面の皮膚は、硬い上にザラザラした手触りになる事も特徴的で、そのまま、放置しておく事ができないものになっています。

 

症状だけを見ていると、特に見た目さえ気にしなければ、放置しておいても良いように思えますが、そのまま放置してしまうとウイルスの感染が広がり、イボの数が多くなってしまう事も十分に考えられます。その為、見つけ次第、すぐに治療を開始する必要があります。

 

まとめ

尋常性疣贅の原因がウイルス感染だと聞くと、少し怖い病気のように思えるかも知れませんが、さほど、心配する必要はないかと思います。

 

ただし、だからと言って、放置しておく事は危険なため、症状に気付き次第、皮膚科などで治療を始める事をお勧めします。基本的には、液体窒素を使っての治療になります。

 

その為、子供の場合、痛い思いをする事になるかと思います。また、一度では、イボを完全に取り除く事は難しく、何度も治療を行わなければいけない場合が多くなっています。

 

そう言った事から、かなり、苦痛な治療を繰り返す事になってきますが、出来るだけ、放置することなく、完全に取りきるまで治療を行う事をお勧めします。